FC2/FC3 で PHP5 を使おう

Fedora Core2/3 で PHP5 を使うためのパッケージを作ってみました。 アップデートがしやすいように、標準のと同等のパッケージングをしています。
なお、Fedora Core3 用のパッケージも用意していますが、ドキュメントは準備中です。

インストール方法

パッケージは、和彦さんちの yum レポジトリ からダウンロードできます。
このサイトから個別にダウンロード& rpm コマンドでアップデートを行うか、下記を参考に yum によりインストールを行ってください。

yum によるインストール

yum によるインストールを行うには、/etc/yum.conf を編集する必要があります。 和彦さんちの yum レポジトリ では、「WebDAV で日本語を」で公開している httpd 関連のパッケージも置いてありますので、単純にレポジトリを追加すると場合によっては期待通りの動作をしなくなることもあります。
ということですので、WebDAV を導入したい場合とそうでない場合とでの設定例を参考にしてください。 基本的には、exclude の設定をどのレポジトリに対して行うか…ということになります。 青色の部分 に注意してください。

通常は、php はインストール済みだろうと思いますので、yum update コマンドを実行すればアップデートは完了です。

WebDAV で日本語を使いたい場合
[main]
cachedir=/var/cache/yum
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
pkgpolicy=newest
distroverpkg=redhat-release
tolerant=1
exactarch=1
retries=20

[base]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Base
baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/$releasever/$basearch/os/
exclude=httpd*,apr*,apr-util*,mod_ssl*

[updates-released]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Released Updates
baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/updates/$releasever/$basearch/
exclude=httpd*,apr*,apr-util*,mod_ssl*

[sera.desuyo.net]
name=sera.desuyo.net - $basearch - Kazuhiko's RPMS
baseurl=http://yum.sera.desuyo.net/$releasever/$basearch/
#exclude=php*
※WebDAV 関連のモジュールだけを対象にしたい場合には、[sera.desuyo.net] のブロックの最後の # を削除してください。
php だけでいい場合
[main]
cachedir=/var/cache/yum
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
pkgpolicy=newest
distroverpkg=redhat-release
tolerant=1
exactarch=1
retries=20

[base]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Base
baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/$releasever/$basearch/os/

[updates-released]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Released Updates
baseurl=http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/updates/$releasever/$basearch/

[sera.desuyo.net]
name=sera.desuyo.net - $basearch - Kazuhiko's RPMS
baseurl=http://yum.sera.desuyo.net/$releasever/$basearch/
exclude=httpd*,apr*,apr-util*,mod_ssl*

おまけパッケージ

PHP5 をパッケージにしたついでに、「PHP で idnkit を使いたい」と「PHP ソースの難読化」で紹介しているモジュールもパッケージ化しています。
それぞれ、

とすればインストールができます。 よろしければ、ご利用ください。

更新履歴

2004/11/17
[FC2] httpd-2.0.51-2.9 ベースにバージョンアップしました
2004/11/18
[FC3] レポジトリを公開しました(まだドキュメントはありません)


Presented by Kazuhiko Iwama.